BINGO WOMAN(ビンゴウーマン)

INTERVIEW
働く女性のインタビュー

子どもたちの「できた」を一緒に喜べる保育士。

こどもえん つくし 山口 祐稀さん

入社を決めた理由

高校生の時に授業の一環でボランティアをさせていただき、その時に同じ高校出身で私が進学を決めていた大学を出てつくしに就職をしたという先生に出会いました。同じ道を歩いて、つくしの先生になった人がいたことでとても親近感が湧き、私もここで働けたらなと思いました。その後もボランティアや実習に来させていただき、素直でかわいい子どもたちや優しくて尊敬のできる先生方に出会い、就職することを決めました。正直、ピーナッツファームや園舎の魅力的でおしゃれな造りに目が惹かれたという理由もあります。

仕事内容

日々の保育や行事の計画、準備、実行、振り返りです。保育雑誌や過去の資料を見て計画をし、他の先生にアドバイスをもらいながらクラスの先生と子どもたちと一緒に準備をし、それまでやってきたことを子どもたちと楽しみながら活動し、保育や行事に関わってくださった先生方と振り返りをし、次につなげていっています。また、地域の行事に参加したり、近くの小学校とも交流をしています。つくしではおたよりを作成したり、日誌を打ったり、園内掲示ポスターを作ったりとパソコンでの仕事も多いです。

仕事で楽しいこと(やりがい)・ちょっと大変なところ

私がやりがいを感じるのは、子どもたちの「できた」を一緒に喜べた時です。今、年長児クラスの担任をしていますが、運動会では竹馬、逆上がり、とび箱、発表会では劇、太鼓、鍵盤ハーモニカ、合奏などたくさんの「できた」の瞬間があり、その時の子どもたちの顔が忘れられません。また、子どもたちのかわいくておもしろい発言や行動をキャッチできた時はこの職に就けてよかったなと思えます。
 少し大変なところは、保育士になってから声がかれてしまい、大好きなカラオケに行けなくなったことと今のクラスが大好きすぎて子どもたちにとって華々しい卒園式を担任の私が迎えたくないということです。

毎日のスケジュール

勤務時間に合わせて起床、出勤
【業務内容】
・子どもの受け入れ
・その日の活動
・給食準備、片づけ
・お帳面記入
・部屋の掃除
・明日の準備
・行事の準備
・日誌記入
19時半 帰宅、夕食
20時 テレビ、お風呂
22時 就寝
【休日】
・好きなアーティストのLIVE
・友達とプチ旅行、映画鑑賞
・一日中ゴロゴロ
・一人ショッピング

休日の過ごし方

好きなアーティストのLIVEに行くことが最高の休日です。私の好きなアーティストのことはつくしの先生はもちろん子どもたちまでも知っているので話を聞いてくれています。その他には友達と月に一回プチ旅行に行って写真を撮ったり、映画鑑賞をしたり、一人ショッピングをする時もあります。でもやっぱり一日中家でゴロゴロする休日が一番好きです。

学生にメッセージ

私は保育園に行っていた時から保育士になりたいと思っていました。実際保育士として働いてみると思い描いていたものよりも何倍も大変で戸惑う部分もたくさんあります。でも大好きな子どもたちを見るとまだまだ頑張れる!と思えるし、担任をもつとクラスの子どもたちの成長を卒園まで見届けたいという気持ちになります。どの仕事も大変なことはあるのだから、自分の好きなことを仕事にしましょう。保育士を目指そうとしている方は子どもが好きなはずです。そんな大好きな子どもたちと一緒に過ごせる保育士という仕事をぜひおすすめします。毎日子どもたちと笑い合って過ごせるってとても幸せですよ。